人気の万能美容アイテム「ココナッツオイル」とは?

nmn

ココナッツオイルは、ココヤシの実から抽出された油で、飽和脂肪酸を多く含みます。飽和脂肪酸といえば、乳製品や肉に多く含まれており、摂り過ぎると動脈硬化を引き起こす等、悪い印象を持つ方もおられると思います。

しかし、ココナッツオイルの飽和脂肪酸は消化吸収率がよく、適量であれば体に良い効果をもたらすといわれています。

ココナッツオイルの特徴は、何といっても用途が多いことにあります。料理で使うだけでなく、スキンケアとしても活躍する万能美容アイテムとしても知られています。

しかし、用途が多いことからどのようにして使えばよいのか、使い方によってどのような効果があるのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、ココナッツオイルの美容・健康の効果やその使い方について詳しく解説します。

ココナッツオイルの美容効果とは

ココナッツオイルの飽和脂肪酸は、消化吸収率が良い中鎖脂肪酸を多く含み、エネルギー分解を効率的に行うことで脂肪燃焼効果が期待できます。その為、脂肪が付きにくいといわれ、ダイエット食品としても人気があります。

成分にはビタミンEが豊富に含まれており、抗酸化作用によるエイジングケアで肌への美容に繋がります。また、肌に塗ることで保湿効果、紫外線カットの役割を果たしてくれるでしょう。

べたつきも少なく肌触りも良いので、塗ることへの抵抗感も少ないのがメリットです。乾燥肌の方や紫外線を受ける環境下にいる方に是非お試しいただきたいスキンケアです。

さらに、ココナッツオイルは肌だけでなく髪への美容効果も期待できることから、ヘアケアとして使うのもおすすめです。

紫外線カットによる髪へのダメージ軽減や高い保湿力、ラウリン酸の働きにより雑菌の繁殖を抑えてフケの減少・抜け毛の予防効果が期待できます。

また浸透性が高く、髪の毛にビタミン、ミネラルが浸透していくので、髪のパサツキを改善しサラサラな髪へと変化を与えてくれるでしょう。

ココナッツオイルの健康効果

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、ダイエット効果の他、以下のような健康効果が期待できます。

 

〈ココナッツオイルの健康効果〉

・コレステロール値改善

・免疫力アップ

・認知症予防

 

中鎖脂肪酸はエネルギー分解を効率良く行うため、コレステロールへ変換する間を与えません。結果的にコレステロール値は上がらず、善玉コレステロールのレベルを上げる可能性が示唆されています。

中鎖脂肪酸のひとつである「ラウリン酸」は、抗菌作用の活性化や抗酸化作用による免疫力をあげる効果が期待できます。

これにより風邪やさまざまなウイルス疾患への予防対策となるでしょう。

ラウリン酸以外にも、カプリル酸、カプリン酸があり、同様に抗菌作用が見込めます。ラウリン酸とは異なる種類の抗菌作用である為、幅広く菌・ウイルスに対する免疫力アップが期待できます

中鎖脂肪酸は分解される過程で一部がケトン体となり、アルツハイマー型認知症の予防になるといわれています。

アルツハイマー型認知症の神経変性による記憶障害などの神経症状の改善にケトン体が有効とされ、実際に食事療法で治療効果があった事例があります。

ココナッツオイルの注意点

ココナッツオイルを使用する際、注意すべきことがあります。

まず、ココナッツオイルの種類は豊富にあり、選び方に注意する必要があります。

食品としてのオイルを肌に塗ることや化粧品としてのオイルを摂取することは避けなければいけません。それは品質検査の基準が異なる為、適量でなかったり用途に合わない成分が含まれている可能性があり体に害を及ぼす恐れがあるからです。

また、良質なものであれば中鎖脂肪酸が多く体に害を及ぼす成分は少ないですが、中にはトランス脂肪酸と呼ばれる発がん性や動脈硬化等の原因と考えられる成分を含むものも存在します。

購入前に安全性に関する情報や製造過程は信用できるものかを調べ信頼性のある商品を選ぶのが良いでしょう。

体に良いからと多量に摂ることは避け、商品記載の摂取量を守ることが最大限の効果を発揮するために大切なことといえます。

ココナッツオイルは25℃を超えると液体になることがしられています。常温保存で問題はないといわれていますが、夏は温度が上昇する為、保存場所を工夫する必要があります。

ココナッツオイルの使い方

大きく分けて「化粧品」「食品」としての使用方法があります。

 

〈化粧品としての使い方〉

・肌への塗布

・髪への塗布

 

浸透性の高さからビタミン・ミネラルの恩恵を受けやすい為、エイジングケアを志す多くの方が使用しています。化粧水のように顔全体に広げて塗る方法や顔や頭皮をマッサージしながら塗り込む等の方法があります。髪の毛のトリートメントとしても使用可能で幅広く要望に答えてくれます。

 

〈食品としての使い方〉

・料理に加える

・飲み物に入れる

 

揚げ物は脂っこく肥満になりやすい印象をお持ちの方もおられると思います。ココナッツオイルは油である為、炒め物や揚げ物に使用することができ、心配される脂肪もつきにくい性質があります。肥満の懸念が軽減されれば、より一層おいしく食べることができますよね。

飲み物では、豆乳やココア、コーヒーとの相性がいいでしょう。

 

ココナッツオイルは使用方法が多様にある為、非常に使いやすい商品です。自分にあった方法を見つけエイジングケアのひとつとして使用してみませんか?

 

また、ココナッツオイルの他にもサプリメントなどで気軽にエイジングケアをすることもできます。

中でも『NMNサプリメント』は最近話題になっているサプリメントで、抗老化作用による健康・美容に効果があると考えられています。

NMNサプリメントは、NMNの量に比例して金額も高くなるので、短期集中ではなく長く続けられる料金設定のNMNサプリメントが良いです。

FUROU(フロウ)のNMNサプリメントはコスパが非常に良く、初めてNMNサプリメントを開始する方におすすめです。NMNの含有量は1粒166mg、1日1000円弱で継続することができるので長期間継続しやすいサプリメントと言えます。

また、7日間のお試し期間がある為、初めての方でも気軽に始められるので安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました